この参照元の話が本当かどうかも解らないし

仁藤萌乃さんをあまり知らないってのもあるんだけど

こういう話を読んでしまうと

どうしても思い出してしまうのが

菅なな子さんの笑顔

彼女の笑顔には幸せな家庭環境しか観えなかった。

オレが生きてきた中でも

菅なな子ほど輝いてる笑顔は観たコトがなかったし

脅威なのは

それを握手会で見せていることだった。

子供の笑顔ってのは個人個人の性格によるところが大きいのかもしれないけど

菅なな子って娘の根は、どちらかというとネガティブ寄りなハズで

そんな娘をあれだけの笑顔にするってのは

やっぱり両親が作り上げた家庭環境が大きいと思うわけですよ。

両親は仲良くないとダメだろうし

貧乏じゃダメかもしれないし

子供に一生懸命すぎてもダメで、両親自身が自分の人生を楽しんでないとダメだし

両親が尊敬できないとダメだし

菅なな子の笑顔からは、その全てが見えるってのが凄かったねえ。

なだけに

辞めてしまったのは惜しかったと思うし

笑顔が曇る前に辞めたことが正解にも思えるし

なんともいえないねえ

比べて

江籠裕奈は天使だけど

江籠裕奈が近年可愛くなったり綺麗になったのは

彼女自身の強さから出たものなんだよねえ

もちろん

江籠裕奈の家庭環境も良いんだろうけど

どんな環境であれ

江籠裕奈自身が強くなったことが変化の一番の理由だよね。

内面からオーラがビシバシ出てる。

菅なな子の笑顔は最高だけど

その笑顔は両親から授かったギフトみたいなもんで

江籠裕奈の良さは江籠裕奈が自分で作り上げているってのが違いだね。

どっちが良いとかではなく

参照元: chikakb.ldblog.jp/archives/41765941.html